2013年5月7日火曜日

フランス語⇔英語のフラッシュカード





フラッシュカードは、並べ替えて、高速・大量に反復することができるので、短期間に多くの単語を記憶するのに、とても適しています。

残念ながら、フランス語⇔日本語のものはまだないようですが、フランス語⇔英語のフラッシュカードが、いくつか出ています。

たとえば、amazon.com のレビュー数の多い French Vocabulary Flash Cardsおおむね好評のようで、プラス点として挙げられているのは、おもに次の5点です。



① 記憶しやすい

やはり覚えやすさは、抜群のようです。多くの方が、推奨しています。


② 1,000語と多い

市販されている同種のものの中では、最多の部類に入るようです。
同じ値段で50枚しかないものもある、というレビューもありました。    


③ カテゴリー分けされている

形容詞・副詞・動詞・体・食べ物・飲み物・スポーツ・娯楽・勉強・家族・天気・時間・旅行・挨拶・色・服・数字など。


④ カラータグがついている

カードの上部に、カテゴリーごとのカラータグがついていて、それにより、たとえば、色について覚えたい場合は、色だけを集中的に覚えることができて便利なようです。


⑤ 通し番号がついている

カードには、1~1,000の通し番号が入っており、それにより、元の順番に戻すことができるようです。箱を開けたときに、カードをばらまいてしまって、苦労したけれど、元に戻せたという人のレビューもありました。    


 
   

他方で、マイナス点として挙がっているのは、次の3点に集約されています。


① 発音記号がない

これがあれば☆5つにするというレビューがありましたが、まったく同感です。私もそうでしたが、学びたてのころは、発音記号がないと苦しいので、ぜひつけてほしかったです。

② 例文・類義語・文法など、解説がない

写真を見ると、たしかに、表には facil 、裏には easy と書かれているごくシンプルなつくりですが、暗記メインのツールなので、個人的には解説はなくていいような気がします。ただ、発音記号はほしかった。

③ 紙が薄い

☆2つをつけている人は、この点を最も気にされているようです



さて、もっとも重要なのは、どんな単語が収録されているか、という点ですが、先ほどの fasil と easy のサンプルでも分かるように、ごく基本的なものに限られているようです。

実際に、レビューを見ても、4歳の子供にやらせた、とか、お子さんにプレゼントした、あるいは、第二外国語としてフランス語を勉強している、という大学生のコメントがあります。

仏検を主宰しているフランス語教育振興協会というところが出版している、基本単語集には、仏検5級・4級レベルの単語が収録されていますが、その数は、500語です。

ちなみに、フランス語の初学者に人気のフラ語ボキャブラは1,511語、基本単語を耳で覚える聴くだけのラピッドは888語となっています。

いずれにせよ、ここに収録されている1,000語というのは、フランス語の初学者が最初に覚える、ごくごく基本的な重要単語であると考えていいようです。





さて、以上のことから、この French Vocabulary Flash Cards は、次の3点を満たす方には、たいへん便利なツールだと思います。


仏検5級・4級レベル1,000単語を、

②とにかく短期間で集中的に暗記したい。

発音記号をカードに書き込む手間を惜しまない。




なお、日本のアマゾンで手に入るフランス語⇔英語のフラッシュカードは、この他にもいくつかあるようです。









2013年4月12日金曜日

『L'Étranger(異邦人)』の朗読CD



先ごろ、ずいぶん久しぶりに、L'Étranger(異邦人)の朗読CDを、聞きました。

というのも、周期的にぶりかえす、いつものフランス語熱がまた再発して、何となくフランス語が恋しくなったからです。

といって、フランス語のペーパーバックを読むほど、元気はない。

なにか、もっとこう気軽に、フランス語の響きを楽しめないかなあ、と思って、ごそごそ本棚を探しているうちに、ふと目に留まったのが、 L'Étranger の朗読CDだったのです。

 

L'Étranger は、フランスのノーベル文学賞作家アルベール・カミュの代表作のひとつで、もともと日本でもたいへん人気が高い作品ですが、

文学作品にしては、フランス語がわりあい平易なので、私もフランス語の独学を始めて、たしか3年目くらいで、辞書なしで、最後まで読み通せて、感激して記事を書いた記憶があります。

以来、L'Étranger は、定期的にフランス語が恋しくなる私が、もっともくり返し読んできたフランス語のペーパーバックでした。


ところで、


この L'Étranger(異邦人)のCDは、他ならぬ、アルベール・カミュ自身が朗読しているところが、最大の魅力です。

何年も前、東京駅にあるオアゾ内の丸善の洋書売り場で初めて見かけて、カミュ好き・異邦人好きの私は、いちもにもなく購入したのでした。

当時は、フランス語の聴き取りの教材にでもなれば、という感覚でいましたが、今では、すっかり、フランス語の響きが恋しくなったとき用のBGMになってしまいました。

フランス語は聴きたいけれど、ニュースではちょっと騒がしい、というような晩に、アルベール・カミュの低音ヴォイスが奏でるフランス語の響きは、他に代えがたいものがあります。

フランス語を勉強して、よかったなあ、と心から思える瞬間です。




2013年4月11日木曜日

サッカー選手によるフランス語の学習法



フランス語の学習法に関する、とても興味深い本を見つけました。

それは、学者さんの書かれた本ではなく、意外なことに、海外で活躍するサッカー選手が書かれたものです。

紹介記事によると、彼は、海外メディアのインタビューを英語でこなすだけでなく、フランス語も含め、7か国語が話せるそうです。

しかも、彼は、もともと英語は大の苦手で、まったくゼロからのスタートだったとのことです。

その本は、彼が、どうやって、英語をはじめ、フランス語など7か国語が話せるようになったのか、が書かれた本のようです。



さっそく興味を持って、アマゾンで調べてみましたが、なか見!検索で、目次を読んだだけでも、ちょっと心が沸き立ちました。

思ったのは、なにか一つの分野で極めた人というのは、ものごとの考え方、生き方がちがうんだな、ということです。

その考え方、生き方が正しければ、サッカーであれ、語学であれ、成功するのだ、と強く思わされました。

逆にいうと、私のように、何年やってもフランス語が上達しない者には、学習法うんぬんではなく、物事の考え方、生き方じたいに、根本的な問題があるのだろうと、反省させられました。

それにしても、なんて爽やかな青年なのでしょう。





本当に「英語を話したい」キミへ






目次



はじめに
言葉を話せることでより生活が楽しくなる



INTRODUCTION

僕は英語ができなかった


英才教育には縁がなかった
宿題と試験勉強が大嫌いで、飽きっぽかった
6年間やっても、全然しゃべれなかった
それでも、諦められなかった




CHAPTER① TRY

色々な学習法にトライ、試行錯誤の日々

基礎の参考書からトライ
単語力のパワーアップにトライ
英会話学校にトライ
海外旅行にトライ
とにかくしゃべることにトライ
英語の曲を聴くこと、歌詞の翻訳にトライ
英語の本は必ず朗読!にトライ
イタリア語にもトライ
これが一番大事! モチベーションの持続にトライ
トライした結果、何が見えたのか




CHAPTER② ATTACK

英語をわかり始め、よりステップアップへ


失敗を恐れず、話しかける勇気をもつことへのアタック
生活の中でボキャブラリーを増やすアタック
日常を授業に変えるアタック
会話のテンポを速くするアタック
自分の言葉としてしゃべるアタック
言葉の力を自信に変えるアタック
アタックした結果、何が見えたのか




CHAPTER③ CHALLENGE

海外移籍。英語力もアップ、多言語もマスターへ


海外チームへの移籍にチャレンジ
失敗を楽しむチャレンジ
立ち止まらずに、どんどんしゃべっていくチャレンジ
広く深く、多言語を並行してレベルアップしていくチャレンジ
人を巻き込んでのコミュニケーションにチャレンジ
文化をより深く理解し合うことにチャレンジ
視野をより広く持ち、可能性を広げるチャレンジ
幸せの尺度は自分が決める
未知の世界に恐れず羽ばたくチャレンジ
チャレンジをした結果、何が見えたのか

おわりに
語学を通して新たな世界と出逢う





本当に「英語を話したい」キミへ


2012年12月16日日曜日

「勝手に仏英対訳読書法」



数年ぶりにフランス語の本が読みたくなって、ぶらりと出かけた、新宿の紀伊國屋6階の洋書売り場で見つけた Le Voyage D'Hector Ou Le Secret Du Bonheur というペーパーバックに、今、はまりに、はまっています。

 
かつてのように、毎日、フランス語を読む、といった習慣はすっかりなくなってしまいましたが、やはり、定期的に、フランス語熱は、ぶりかえします。

 
そんな中でたまたま出会った、このペーパーバックは、びっくりするほど、読みやすくて、私のフランス語熱は、いっきに再燃してしまいました。

 
しかし、いくら読みやすい、といっても、そこはフランス語、英語のようにはスムーズにはいきません。

 
そこで、私は、フランス語で1章を読んだら、英語版で確認する、という、いつもの「勝手に仏英対訳読書法」をとることにしました。


この「勝手に仏英対訳読書法」は、かつて読んだ、生涯に10数か国語を操り、フランス語はわずか6か月で自由に読み書きができるようになった、シュリーマンの多言語取得法をヒントに、自分なりに続けてきたものです。


英訳の方は、キンドル版が出ていたので、キンドルで読むことにし、寝る前に読んだフランス語の原書を、翌朝、電車の中で、キンドルの英語版で確認する、という作業を続けています。


フランス語だけだと、ところどころ、ぼんやりしているところが残りますが、英語版で確認すると、なるほど、そういう意味だったか、とはっきりしたり、あるいは、ちゃんと読めていることが確認できたりと、なかなか便利です。


世の中には、たくさんの対訳本が出ていますが、その多くは、フランス語と日本語の対訳ですし、どうも勉強っぽくなってしまううえに、そもそも、その本じたいにあまり興味がもてなかったりすることが多いです。


でも、キンドルを使って、自分で勝手に仏英対訳にしてしまう「勝手に仏英対訳読書法」なら、自分の読みたいものが好きに対訳にできるので、なかなか便利です。


もちろん、ちゃんとした本家の対訳本のように、見開きでフランス語と英語が対訳になっているわけではないので、精読には向きませんが、楽しく読めればそれでいい、という適当な多読には、もってこいの方法です。


それにしても、英語で読むと、 Le Voyage D'Hector Ou Le Secret Du Bonheur が、いかにやさしいフランス語で書かれているかが、よく分かります。


たぶん、感覚的には、センター試験レベルの英語だと思われます。

 
何日かに分けて、寝る前にちびりちびり読んだフランス語の1章分が、英語で読むと、わずかな通勤時間のの中であっさり読めてしまいます。


いつかフランス語も、読めるかどうかを気にせず、読みたいと思う本が自由に読めるようになれたらな、と痛感させれます。



2012年12月15日土曜日

キンドル(kindle)とフランス語


 日本版キンドル(kindle)を買いました。



 さっそく、キンドルで、フランス語がどれくらい使えるかを、調べてみることにしました。







(1) フランス語の本は何冊くらいあるか?



 
まず、kindleストアにいって、フランス語の本が何冊くらいあるか、調べてみました。


Kindleストア › Kindle本 › Kindle洋書 › フランス語(French)

 
2012年12月時点で、検索結果は、 20,727 件でした。

 
英語の洋書は、1,356,185 件でしたから、フランス語は、6分の1か、7分の1程度です。




(2) どんなフランス語の本があるか?




検索結果の上位に出てくるのは、多くは、ベルヌや、フローベルや、スタンダールなどの古典が多い印象です。

 
古典は、ほとんど 0 円というのが、魅力的ではありますが、本格的過ぎて、残念ながら、私のフランス語力では、ちょっと歯が立たない感じです。


ただ、上位ランキングの中には、日本人にもおなじみの、私も持っている、Le Petit Princeや、L'étrangerもありました。


L'étranger にいたっては、キンドル版はなんと、100円!!と格安でした。





(3) 初心者向けのやさしいフランス語の本があるのか?




さて、いちばんの問題は、この私にも読めるような、初心者向けのやさしいフランス語の本があるのか、という点です。

 
まずは、児童書に行ってみました。


 Kindleストア › Kindle本 › Kindle洋書 › フランス語(French) › teens


すると、検索結果は、1,282 件。


これを多いと見るか、少ないと見るかは、微妙なラインですが、国内の大型書店の洋書売り場に、これだけの数の児童書があるかどうかを考えると、十分な感じもします。


ラインナップを見ても、なかなか楽しめそうです。


なにより、100円などと、安い本が多いのが、魅力的です。




(4)フランス語の辞書は、何があるのか?




さて、やさしめのフランス語の本があるとして、次に問題となるのは、フランス語の辞書があるのか、という点です。


キンドルには、画面上の単語を指で触れば、意味がポップアップされるという、たいへん便利な機能があります。


この機能は、本当に便利で、いちど味わったら、やめられません。


ですから、もし、キンドルにも、ちゃんとしたフランス語の辞書が、つまり、仏英や、仏仏ではなく、仏和辞典があるならば、フランス語を多読する環境は、格段に向上します。


調べてみると、


残念ながら、現段階では、仏和辞典はないようです。

 
しかし、Webster や、Collins の仏英辞典は、いくつか存在するようなので、まずは、ひと安心です。

 
 それにしても、キンドル版は、辞書が、1コイン程度と、安いのが、うれしいです。




(5)フランス語を読むうえで、キンドルが便利な点と不便な点は何か?




最後に、フランス語を読むうえで、キンドルが便利だと思われる点と、不便だと思われる点をいくつか列挙してみたいと思います。




便利だと思われる点




① まだ数は少ないとはいえ、現時点で、児童書だけで 1200冊、全体でも、2万冊のフランス語の本が、大型書店の洋書売り場に行かなくても、簡単にダウンロードできるのは、やはり貴重である。


② キンドルには、サンプル機能があるので、最初の数ページが立ち読み感覚で、無料で読める。

 これは、とくに、おもしろいかどうかよりも、そもそも読めるかどうかが気になるフランス語初心者には、ありがたい機能である。


③ キンドル版の仏和辞典がないのは残念だが、仏英辞典があるので、単語に触れるだけで意味がポップアップされるキンドルの機能は、本当に便利である。

  しかも、キンドル版の辞書は、紙の辞書にくらべて、1コイン程度と、格段に安い。


④ フランス語だけでなく、英語の洋書、あるいは、和書も、キンドル一冊で持ち運べるのは、通勤時に読むことが多い人には、何冊も持ち運ばずに済み、便利である。




不便だと思われる点




① やはり、フランス語のコンテンツ数がまだ豊富とはいえないのが、残念。


② 仏和辞典がないのも、残念。


③ 日本語で書かれた、フランス語の参考書が読めればいいのだけれど、現段階では、まだない。


④ しかし、私が考えるキンドルの最大の問題点は、英語でも、フランス語でもなく、他ならぬ日本語のコンテンツ数が、圧倒的に少ない、という点です。


 いずれ、増えていくものと期待していますが、今は、町の小さな書店にも負けるくらいの品ぞろえの貧弱さで、あの本も、この本も、キンドルで読めたら幸せだな、と楽しみにしていた本は、ひとつもありませんでした。

 
 アマゾンで扱われている和書が、すべてキンドルで読めるわけではないので、その点は、注意が必要です。




結論



英語の洋書を読むことをメインとし、フランス語や、和書は、補助的に読む、という人には、現段階のキンドルでも、たいへん便利です。 


しかし、フランス語の本を読むことをメインにしたり、専門的な和書やマイナーな和書を読むことをメインにした場合、現段階のキンドルでは、ちょっと厳しい、というのが、私の印象です。






キンドルで読める和書
キンドルで読める洋書(英語)
キンドルで読める洋書(フランス語)
キンドルで読めるフランス語の児童書



2012年12月12日水曜日

紀伊國屋の洋書売り場で



新宿南口にある、紀伊國屋書店6階の洋書売り場で、びっくりするほど読みやすいフランス語のペーパーバックを見つけました

 
平積みされた、その美しい装丁のフランス語のペーパーバックは、


  Le Voyage D'Hector Ou Le Secret Du Bonheur という本です。


まだフランス語の力が不足している私は、冒頭の第1パラグラフがすんなり読めるかどうかを、フランス語の本えらびの、いちばんの決め手にしています。


ですから、この本を手にしたときは、あった! と心の中で小さく叫びました。


なぜなら、冒頭の第1パラグラフどころか、1ページがすんなり読めてしまったからです。


   Il était une fois un jeune psychiatre qui s'appelait Hector et qui n'étais pas très content de lui. 



第1パラグラフは、上のように、わずか1文でしたが、あまりに平易なフランス語なので、胸がどきどきしてきました。


しかも、どことなく、とぼけた感じのするフランス語の文体が、親しみを増してくれています


つづく第2パラグラフは、下のような、人物描写でしたが、tortillait など見慣れぬ単語もありましたが、フランス語の平易さは、少しも損なわれませんでした。 


 Hector n'était pas content de lui , et pourtant il ressemblait à un vrai psychiatre :

 il avait de petites lunettes cerclées qui lui donnaient l'air intellectuel , 

 il savait écouter les gens d'un air pensif en faisant " mmh... " ,

 il avait même une petite moustache qu'il tortillait quand il réfléchissait très fort.


このようにして、1ページがすんなり読めてしまった時点で、私は、興奮のあまり、手にしたペーパーバックをパタンと閉じ、購入することを心に決めました。


これだけ平易な単語と構文がこのままずっと続いてくれるなら、まだフランス語の力が未熟な私でも最後まで読み通せる、と確信できたからです。

 
「外国人学習者向けのフランス語読本」というわけではなく、「フランス人向けのペーパーバック」で、これほど平易なフランス語で書かれているものは、そうそうありません。


私の本箱には、途中で、挫折したフランス語のペーパーバックがたくさん眠っていますが、今度こそ、最後まで読める、と自信を抱かせてくれる、屈指の読みやすさです。

 
家に帰って、さっそく調べてみると、


この Le Voyage D'Hector Ou Le Secret Du Bonheur の著者である、フランソワ・ルロール(François Lelord)という作家は、主人公と同じように、フランスの精神科医のようです。


幸福はどこにある‐精神科医へクトールの旅 という邦訳もあり、どうやら、フランスではベストセラーになったこともある、有名な本だったようです。